中学生の個別指導塾は体験授業に参加しよう

これから中学生が個別指導塾に通いたいと考えているのであれば、数ある個別指導塾の中から、1つの塾を選ばなければなりません。その際には体験授業や説明会には必ず参加するようにしましょう。塾の指導方針やどのようなカリキュラムが組まれているのか、どのような教材を使っているのかなど、その特徴などのように、資料を見ただけではわからないようなことまではっきりと理解することができます。説明会ではその塾の責任者に会うことができるので、雰囲気を感じることができ、中学生も保護者も相性を感じることができるはずです。

説明会に参加した場合には、まずは体験授業を勧められるかもしれません。説明会の内容や責任者に違和感がなければ、体験授業はぜひとも受けてみましょう。体験後の勧誘は断りにくいこともあるかもしれませんが、この体験でうまくいかなければ、普段の授業に期待することができません。体験授業を経て入ってもらえるようにと、塾側では優秀な講師に担当させます。

説明会は親が塾の内部を観察できる絶好のチャンスとも言えるでしょう。特に自習室の様子についてはしっかりと把握しておきたいところです。少数人数であったとしても、静かに集中して勉強している中学生がたくさんいれば、その塾は授業だけではなく、普段の勉強もしっかりと指導してしつけが行われている証拠ともいえます。教室を見たり話を聞く、実際に体験して、自分の子供に会う個別指導塾を探すことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です