中学生になったら個別指導塾を検討すべし

中学生になると、小学生の時よりも授業の進み具合・速さ・難易度が格段に増すものです。学校の授業についていけるだけの学力・起立性・自分を律し制するだけの能力をもっていればよいのですが、なかなかそれほど自立したお子さんは少ないものと思われます。思わずゲームに手が行ってみたり、大好きな漫画本を読んでいる子も少なくないのではないでしょうか。そんな生活が続くと学校の授業についていけなくなり、最悪の場合、登校拒否になる危険性をはらみます。

自分でできないときは、人の力を借りてでも中学生としての自覚を持ちたいものです。そして有意義な学生生活を送り、進学したい高校に向けて、サクセスストーリーを展開したいものです。そんな学生生活を支えてくれる大切なツールのひとつに、個別指導塾があります。このシステムはマンツーマン指導を行う場合もあれば、生徒2~3人に対して先生が1人つくような場合もあります。

いずれにせよ、生徒が中学校で分からない部分を補う上では、「ためらわずに聞く」「納得のいくまで原点にかえって理解する」ことが大切なのです。家庭教師と同じと思われるかもしれませんが、個別指導塾には生徒をやる気にさせる雰囲気というものがあります。それは中学生同士が集まってくる場ですから、自ずとライバル意識を醸成させ「頑張らなくては」という気にさせてくれます。この無意識の内に学習意欲を持たせ、ゲームや漫画本から勉強の方に情熱を傾けさせる、これが個別指導塾ならではのものと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です