中学生の苦手を見つける個別指導塾

中学生の苦手を見つけるのは、意外と労力がいります。自分では分かっているつもりでも、いざ解いてみると解けないことが分かり、そこから発覚することも少なくありません。個別指導塾ではきめ細かな内容の授業を行うため、苦手な分野や単元を探すことにも余念がありません。できていない部分を明確にして、中学生の定期テストや受験対策に役立てます。

分かっている部分を何度も繰り返しても、得点アップにつながることはほとんどありませんので、分からないところを分かるようにすることに力を入れるべきです。個別指導塾ではどのように見つけ出すのかというと、日々の授業の中で理解度を注意深く観察します。解説をしている時に理解しているように見えなかったり、問題を解かせようとしたら解けなかったというタイミングで、何が必要なのかを見極めようとします。本来自宅学習をしている中学生は、これらのすべてを自分で行わなければなりませんが、ただ漠然と苦手なところがあるという捉え方をして、解決するまでには至らないことがほとんどです。

せっかく問題点が見つかっても、その後の対処がなければ探し出す意味もありません。徹底的に弱点をつぶしていくことができる個別指導塾では、日々の授業で分からなかったことをそのままにしませんし、深く理解できていない部分も放置せずにしっかりとした実力が身につくまで繰り返します。そのため、数か月後には自然と成績がアップしていたというケースも多々あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です